2014年07月23日

Apple、『iPhone 6』を7,000〜8,000万台発注!パーツなどは1億2000万台分を準備とWSJが報道!

Appleが、iPhone 6の4.7インチと5.5インチモデルの量産を製造サプライヤーに指示し、2つのモデルを合わせた発注数は7,000〜8,000万台になることをウォールストリート・ジャーナルが伝えています。

9040-496-mockups-140423-l-e1404384092407.png





ウォールストリート・ジャーナルが関係者の証言として伝えている今回の情報では、Appleはこれまでにない発注台数をサプライヤーに注文しており、今年の年末までに7,000〜8,000万台を製造するとしています。7,000〜8,000万台の製造台数は、去年のiPhone5sとiPhone5cのリリース時に発注した 5,000〜6,000万台をはるかに上回る数字でiPhone 6のヒットが期待されているようです。

iPhone 6本体の製造台数以外にも、製造に必要なパーツやコンポーネントの発注数についても、報じられています。
Appleは、サプライヤーにパーツやコンポーネントを最大で、1億2000万台分準備するよう依頼しているらしく、仮にiPhone 6の注文数が多かった場合の対応するためや、ディスプレイコンポーネント生産がうまくいかなかった場合などの、突発的なアクシデントにも対応できるように準備しているようです。

Appleは、現在のスマートフォンのトレンドあるディスプレイサイズの大型化や、ユーザーの機種変更のサイクルがうまく噛み合い、大ヒットが予想されているiPhone 6に大きな期待を寄せていることがうかがえます。
[⇒Apple Insider][via:BrandNew iPhone]





タグ:iPhone6 製造
posted by りんご電話 at 14:29 | Comment(0) | iPhone6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。