2014年01月21日

『iWatch』向けディスプレイに“LG”の1.52インチP-OLEDを採用、Q3量産開始!

Appleのスマートウォッチ『iWatch』向けディスプレイの単独サプライヤに“LG Display”が選ばれ、2014年第3四半期(7月〜9月)に量産開始予定であると韓国メディア“DDaily”が伝えています。

iwatch.003


今回『iWatch』向けに量産されるのは、1.52インチサイズのP-OLED。
要するにプラスチック製の有機ELで、LG製スマートフォン「LG G Flex」にも採用されています。

LG_G_FLEX_03-640x492.jpg

Appleが『iWatch』に液晶ではなくOLEDを選択した理由としては、OLEDは柔軟性が有り、サイズが小さいほど輝度・消費電力が少なくて済み、バックライトが不要なため本体を薄く・軽くできるからであると伝えられています。

1.52インチサイズP-OLEDが『iWatch』に搭載されることが明らかになったことで、かねてから噂される曲面ディスプレイを採用する可能性も高まったことも付け加えています。

iWatch』は“Apple”初のスマートウォッチ及びウェアラブルデバイスとして、2014年中に発表されることが期待されていますが、開発段階での数多くの壁に直面していると噂されています。

DDaily

注目記事
『iWatch』最新情報
『iPhone 6』最新情報
『iPhone 5s』最新情報
『iPhone 5s』最新の在庫・入荷状況
『iPhone5s』対応アクセサリー・ケース



posted by りんご電話 at 19:18 | Comment(0) | iWatch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。