2013年03月27日

アップル『iTV』は、4K解像度テレビ市場へ満を時して参入!!

アップルが2013年〜2014年の間に発売すると噂される『iTV』に関して、2013年3月27日台湾のITメディアDigiTimesは、アップルの部品供給に関わる情報筋の話として、アップルが『iTV』の開発を進めていて、音声認識やモーションコントロールを搭載し3840×2160ドット表示、つまり4K解像度に対応した液晶パネルの搭載を示唆しています。
iTV-2

現時点では部品供給メーカーは選定していないとのことですが、日経新聞有料版の報道では、ホンハイの会長がシャープの堺工場においてアップル幹部に対して次世代テレビの試作品を披露したと言われています。
シャープとサムスンが資本提携したことでシャープが除外される可能性もありますが、この試作品は4K解像度に対応した『iTV』向けの液晶パネルと駆動部品であるとみられて、『iTV』製造にむけて着々と動き始めているようです。

実際アップルが『iTV』を開発しているかどうかは公式発表が無い為不明ですが、スティーブ・ジョブズの公式伝記によってテレビ製造は実際に明らかにされています。
これが噂になっている発端で、現在のCEOティム・クック氏による、NBCのテレビインタビュー中での発言で『iTV』の噂に火がつきました。
ティム・クック氏は「次のアップルの大型製品は何であるのか?」の問いに対して、「私がリビングに行ってテレビの電源を入れると、20年〜30年前に戻ったかのような感覚に陥ります。それはとても関心のある領域です。しかし、これ以上何も言うことはできません」と返答しており、明らかにテレビを開発することをにわかに示唆しています。

これらのことからアップルが『iTV』をリリースすことはほぼ間違いないとみられており、争点はその時期とスペック・機能面に移っています。
アップルが「革新性」をウリにするのであれば、Retinaが持っていたインパクトと同様に「4K解像度」は外せない要素とみられており、さらにそれらが安価に提供できるならば消費者が一気に熱狂する可能性も秘めています。
2013年〜2014年までの間に発売されるとみられる『iTV』ですが、その全貌が明らかになるのはいつなのか。

DigiTimes

注目記事
『iWatch』最新情報
『iPhone5S』最新情報
『iPhone6』最新情報


タグ:iTV apple
posted by りんご電話 at 20:36 | Comment(0) | iTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。