2013年10月07日

ドコモiPhone発売もMNP流出が止まらない、止められない!!

今年9月にNTTドコモのユーザーの約13万人以上が、MNP(ナンバーポータビリティー)制度を利用して他社へ流出したことを、Sankei Bizが10月6日に報じています。

これに伴い、新規契約から解約を差し引いた純増減でも約5万件の純減となったようです。

iPhone5s発売.2


ドコモは9月20日から製品ラインナップに、米アップル『iPhone 5s / 5c』を追加し発売しましたが、メール機能提供の遅れや2週間以上経過した現在も在庫不足などが影響して今回の結果に結びついているとのことですが、在庫が他社にあるからといってMNPによる移転を考えるユーザーが13万人規模に及ぶとは考えにくく、キャリアや価格体系に魅力がないと感じたユーザーが移動したと見るのが妥当のように思われます。
MNPによる顧客流出が10万件を超えるのは2013年3月から7カ月連続だそうです。

ドコモの参入により、国内携帯大手3社がiPhone販売で条件が横並びとなり、同じ条件での販売競争が激化していますが、現在主軸である『iPhone 5s』の人気カラーの極端な在庫不足が、混乱を招いています。
ちなみに、3社ともそれぞれ予約件数が数十万件規模に膨れ上がっているそうです。

KDDIやソフトバンクモバイルが前モデル「iPhone 5」を売りさばいたのに対して、ドコモは『iPhone 5s』の品薄の影響が大きいことに加え、米Googleの基本OS「Android」を搭載したスマートフォンの売れ行きも下降の一途を辿っているそうです。

また、ドコモは国内でいち早くLTEサービス「Xi」を打ち出し展開している一方で、他社と比較すると整備が非常に遅れている状況です。
特に国内最大のユーザーを抱えていることが影響し、3G(FOMA)通信に割り当てる周波数帯を広く確保せざるを得ないなど、周波数の「Xi」転用が思うように進まず、通信速度もKDDIやソフトバンクモバイルと比較すると大幅に劣る傾向にあります。

今後、在庫不足の解消やメールのプッシュ配信対応が進めば、より正確な推測が出来るものと思われますが、今後も非常に厳しい戦いを強いられるのではないかと見られます。
NTTドコモは、製品ラインナップや自社製コンテンツを充実させる前に、まずはサービスや料金体系、体制的な問題を改善しない限り没落の一途をたどるしかないでしょう。


一方、KDDIはMNPによる顧客流入が約10万件を超え、2013年4月以降で最大となり明暗を分けています。
KDDIは24カ月連続のMNP流入数で首位を独走。
MNP流入数が今年3月の12万1000件以来、10万件を超えたのは6カ月ぶりの快挙。

iphone5s発売.3

この要因について、電波がつながりやすいプラチナバンドと呼ばれる800メガヘルツ周波数帯に新型iPhoneが対応したことで、2014年3月末までに人口カバー率99%達成を表明するなど、電波の質・エリアカバーの良さで選ばれたとみています。

なお、ソフトバンクは、新規契約から解約を引いた純増数で1位を獲得。
同社の純増数は27万700件、KDDIの23万2700件を上回り、トップを維持する状況となっている。

iPhone5s発売.5


Sankei Biz

注目記事
『iWatch』最新情報
『iPhone 6』最新情報
『iPhone 5s』最新情報
『iPhone 5s』最新の在庫・入荷状況
『iPhone5s』対応アクセサリー・ケース


posted by りんご電話 at 18:54 | Comment(5) | NTT Docomo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。