2012年10月10日

悲報!人気MAPアプリ『ClassicMap』がApp storeから削除!!

iOS 6で旧マップを再現したアプリ「ClassicMap」がApp Storeから削除されました。
iOS6マップ

iOS6上で旧バージョンのiOSの地図アプリ「Googleマップ」を再現する――そんな触れ込みで登場した無料アプリ「ClassicMap」が、10月8日の公開から約2日でApp Storeから削除された。開発者さんはTwitter上で報告しています。

開発者はiPhoneアプリプログラミング関連の著書もある人物で、Appleから電話があり、削除理由として(1)“Googleマップが戻ってきた”というApp Store上の説明文がユーザーの誤解を招くこと、
(2)Googleの地図をスクレイピング(必要なデータだけを抽出)していることを説明されたということ。

開発者によると厳密にはスクレイピングではないが、Appleの意向を了承し、「Appleの対応は非常に丁寧で、理不尽なものではまったくありませんでした」とツイートしている。

ClassicMapは、iOS 5以前の標準マップをiOS6上で“再現”するアプリとして登場。正しく地名が表示されないなどの不具合が報告されているiOS6地図アプリの代替として支持を集め、公開後App Store無料ダウンロードランキングで1位を獲得していただけに非常に残念です。

人気記事
人気iPhone5アイテム
iPhone5最新予約入荷状況



posted by りんご電話 at 18:34 | Comment(0) | App store | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。