2013年06月21日

auがiPhoneの旧機種などの下取りプログラム開始を発表!!

KDDIは2013年6月21日に、機種変更時に現在使用している携帯電話を下取りする「au携帯電話の下取りプログラム」を開始することを発表しました。

au ロゴ


現段階の対象機種は、
・iPhone4S
・INFOBAR A01
・AQUOS PHONE SERIE ISW16SH
・DIGNO ISW11K
以上の4機種のみで、下取り価格は機種によって異なり、機種変更時にその価格に対応したauポイントが還元され、その場で使用できる仕組みになっています。

ちなみにiPhone4Sのモデル別価格は以下のようになっています。
◯iPhone4S 64GB 1万8000円
◯iPhone4S 32GB 1万6000円
◯iPhone4S 16GB 1万4000円

他の3機種は以下のとおり。
◯INFOBAR A01 3000円
◯AQUOS PHONE SERIE ISW16SH 3000円
◯DIGNO ISW11K 3000円

au下取りプログラムを適用するには条件があり、以下の条件全てに確当しなければサービスを受けられません。
※対象機種を利用中で、機種変更でauのスマホ・携帯電話を購入する場合のみ(MNP・新規契約は不可)
※下取り機種に故障がなく、正常に動作すること
※一台の購入につき一台の下取り

この下取りは、auショップ、その他au取扱い店舗で利用でき、具体的に利用できるauショップについては、2013年6月26日よりauのホームページで案内されるようです。

その他のau取扱店舗についてはauのホームページでは公表されず、直接店舗に問い合わせてもらうことをお願いしています。

今回の「au携帯電話の下取りプログラム」は、既に下取りサービスを行っているソフトバンクに対抗する形となりましたが、両社若干内容が違っています。
iPhone4Sの下取り価格は2社全く同じですが、異なるのは、新規契約・MNPが不可能な点と、新しく購入する携帯電話に制限がない二つ。
何だか煮え切らないauの印象が残ります。

au:携帯電話の下取りプログラム

注目記事
『iWatch』最新情報
『iTV』最新情報
『iPhone6』最新情報
『iPhone5S』最新情報


posted by りんご電話 at 15:00 | Comment(0) | au | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。