2013年10月19日

アップル、業界に最早敵なし!今度の敵は自然の摂理!!

VentureBeatによるとAppleは端末内部のモーションセンサーで、落下を感知し本体を回転させることにより、スクリーンへのダメージを軽減させる「Protecting an electronic device」という技術の特許申請しているようです。

iphone 液晶割れ.1


アップルへの修理依頼が最も多いのは「スクリーン破損」だそうで、これは自損にあたるためスクリーン交換は、修理費用も実費なので馬鹿になりません。

物体が落下し、落下の衝撃が強ければ強いほど物体の損傷は大きくなります。
これは、自然の摂理であり絶対の法則でありますが、この法則をアップルが打ち崩そうと目指しています。

「Protecting an electronic device」という技術は、内部に組み込まれるモーションセンサーが、本体の落下を感知して、スクリーンへのダメージが少ない落ち方をするように、本体を回転させ制御させるというもの。
この技術は、iPhoneだけではなくノート型PCなどの他の電子機器全般に採用可能のようで、アップル製品すべてに搭載することを目指しているようです。

iphone 液晶割れ.2

iphone 液晶割れ.3

この技術の精度が高ければ、iPhoneの故障を飛躍的に軽減できるので期待したいところではありますが、割れない液晶ディスプレイを開発したほうが速いような気がします。

まだまだ課題は多いようで、この技術が一般化されるのは、もお少し先になりそうです。

VentureBeat

注目記事
『iWatch』最新情報
『iPhone 6』最新情報
『iPhone 5s』最新情報
『iPhone 5s』最新の在庫・入荷状況
『iPhone5s』対応アクセサリー・ケース


posted by りんご電話 at 19:51 | Comment(0) | apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。