2013年01月14日

米アップルが『iPhone5』の需要薄で部品注文を削減!

アップルは、『iPhone5』の需要が当初の予想を下回っていることを理由に部品注文を削減したと事情に詳しい複数の関係者が14日、明らかにしたことえをTHE WALL STREET JOURNAL.が伝えています。
iPhone5
関係者2人によると、例えば、1-3月期の同社の液晶ディスプレイパネルの注文は、当初の予定注文のほぼ半分程度に落ち込み、さらに別の関係者は、アップルがまた、ディスプレイ以外の部品の注文も削減したことも明らかにしています。
これらの関係者によると、アップルは先月、部品供給会社に注文の削減を通知したということです。

アップルは、2007年に初代iPhoneを発売して以降、スマートフォン市場の主導権を握ってきたが、現在は韓国のサムスン電子をはじめ、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した他のスマートフォンとの競争激化に直面しています。

アップルは9月に『iPhone5』を発売し、このiPhone最新版は、画面が従来型の3.5インチから4インチに大きくなり、従来よりモデルチェンジしています。

今回の情報はアップルの担当者からのコメントは今のところ、得られていないのですが、有力な情報です。

さらに、日本経済新聞も14日早朝、アップルが『iPhone5』の部品注文を削減したと報じています。

アップルiPhoneシリーズは、毎回発売日から数ヶ月で需要が急激に減少していますが、今回も同じ現象が起きていますが、今回は『iPhone5S発売に向けての伏線なのでしょうか!?

THE WALL STREET JOURNAL.

日本経済新聞

『iPhone5S』最新情報

posted by りんご電話 at 18:54 | Comment(0) | iPhone5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。