2013年02月15日

ソフトバンク『iPhone5』で起用可能なLTEエリアを大幅拡大!!

通信端末関連の情報ブログBlog of Mobile!!で、ソフトバンク版『iPhone5』が、イー・アクセスがLTEサービスを行っている1800MHz帯の「技術基準適合証明」を通過したと報じています。
このことから、今後ソフトバンクLTE網とあわせて、イー・モバイルのLTE網も利用できるようになりそうです。
ソフトバンク iPhone5 LTEエリア

本日、総務省が発表した「技術基準適合証明又は工事設計認証を2012年11月に通過した端末」の中には、ソフトバンク版『iPhone5』(GSMモデル A1429)の型番もありました。
これにより、ソフトバンクLTEの周波数である2100/1800MHz,、W-CDMAの周波数2100/900/800MHzを使用でき、1800MHz帯ではイー・モバイルがLTEサービスを展開しており、今回の再通過で新たに対応できる周波数となることが再確認されました。

ソフトバンクは昨年10月にイー・アクセスの経営統合を発表し、同時にイー・アクセスがLTEサービスを展開している1800MHz帯をソフトバンクも利用すると表明していました。
今回の認可により、ソフトバンク版『iPhone5』は将来的にソフトバンクとイーモバイルの両方のLTEサービスを利用することができるようになります。

なお、現在出荷されているソフトバンク版『iPhone5』もキャリアアップデートすることでイーモバイルLTE網を利用できる物と思われます。

あとは実際にサービスが開始されるのを待つばかりですが、アップデートさえ充てれば、現在流通しているソフトバンク版『iPhone5』でもすぐに1800MHz帯=イー・モバイルLTE網を利用できるそのタイミングが待たれます。

ソフトバンクとauLTE網のエリア拡大で激しく争っている渦中、ソフトバンクにイー・モバイルのLTE網が加わればauを大きくひきはなすことになります。

Blog of Mobile!!


posted by りんご電話 at 00:01 | Comment(0) | iPhone5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。