2013年08月08日

日本でスマホ史上1番売れたのは『iPhone5』で、その販売ペースは史上最速

家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、『iPhone5』は販売から8カ月強で前機種「iPhone4S」の累計販売台数を抜き、歴代で【日本で1番売れたスマートフォン】となったようです。
また、販売ペースとしても歴史上で最速だそうです。

日本でスマホ史上1番売れたのは『iPhone5』.1


LTEやテザリングに対応し、「iPhone4S」からのデザインを一新した『iPhone5』は発売直後から予約が殺到する人気で、発売から2カ月程は品薄で入手困難な状況が続いていました。

発売当初こそ品薄で「iPhone4S」の販売ペースを下回っていたものの、発売3カ月目以降で逆転。
2010年6月以降の携帯電話の累計販売台数集計を見てみると、トップ3は見事にiPhoneシリーズが独占しています。
販売台数シェアは累計で19.5%。過去3年間に売れたスマホの5台に1台がiPhoneということになります。

日本でスマホ史上1番売れたのは『iPhone5』.2


キャリアのシェアはどうなっているかというと、「iPhone4S」から取り扱いを開始したauですが、2013年7月31日時点でのキャリア別の販売台数シェアではソフトバンクが6割弱を占めた結果となっています。
CMやキャンペーンなどが効果的に働いているのかもしれません。

日本でスマホ史上1番売れたのは『iPhone5』.3


YOMIURI ONLINE

注目記事
『iWatch』最新情報
『iTV』最新情報
『iPhone6』最新情報
『iPhone5S』最新情報


posted by りんご電話 at 19:53 | Comment(0) | iPhone5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。