2014年07月18日

iPhone 6は使用場所によってロック解除法を変更できるようになる??

iPhone 6では、使用する場所によってパスコードを有効にしたり解除したりすることが出来る機能が搭載される可能性がでてきたようです。

apple-iphone-5S-30-600.jpg






Appleは現在、特定の場所のみでパスコードを解除する技術の特許を申請しているようで、何度もロックを解除ないといけない手間を省くための新しい解除機能をiPhone 6に搭載しようとしているのかもしれません。

たとえば、家の中でiPhoneを使用する時、何度もパスコードを入力するのはちょっと面倒ですよね。
自宅、オフィス、学校といったユーザーにとって安全な場所ではロックが解除され、出向く頻度が高い場所ではシンプルなパスの要求がなされ、人が多かったり紛失の可能性が高い場所ではセキュリティのレベルが高くなる、というようなロック機能を実現する可能性があり、ユーザーによっては便利な機能となりそうです。

iPhoneSecurity-640x382-600.jpg


便利な機能ではありますが、設定を誤ったりしてしまったら、紛失時にロックが解除された状態のままで他人の手に渡ってしまう可能性があるので、それなりのリスクはありそうです。

あらゆるシチュエーションを想定し、万が一の設定ミスや紛失にも対応できる高い完成度のロック解除システムができるのであれば、これからのスタンダードになるような大変便利な機能になりそうです。
Mashable via:iPhone女史





タグ:iPhone 6 機能
posted by りんご電話 at 17:47 | Comment(0) | iPhone6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。