2014年07月15日

【朗報】SIMロック解除の義務化とクーリングオフ制度の導入を総務省の有識者会議で決定!

7月14日に総務省が開いた有識者会議で、iPhoneやスマホ端末、携帯電話のSIMロック解除の義務化と、契約後の一定期間内の契約解除が可能になるクーリングオフの導入が決定したことをSankeiBizなどが報じています。

SIMフリー






携帯電話業界が大手の寡占状態にあることを総務省は問題視しており、同じ機種のままで携帯電話キャリアの乗り換えが可能になるように、SIMロック解除の検討を以前から進めていました。
今回正式にSIMロック解除が決定し、年内にも具体的に内容がまとまる見込みで、対象になる機種やSIMロックの解除方法などが明らかになっていきそうです。

総務省としては、格安SIMカードで認知度を増してきているMVNOの市場参入を促したいと考えているようですが、ユーザー的にはもっと便利で低料金でも使えるような新しい制度を作ってほしいところですね。

今回の有識者会議では径庭電話のクーリングオフの導入も決定しています。
これは、携帯電話、スマートフォンなどの契約後、一定期間であれば契約を無条件で解約できるものです。

iPhoneなどスマートフォンの普及により、ビジネスモデルが変化し、販売現場の経営状況が悪化していましました。これに伴い人気機種が欲しくても有料オプションなどをつけないと販売しない代理店なども出てくる問題などが発生しています。

電波のつながりやすさをアピールし乗り換えを促す広告を各キャリアが展開していますが、各キャリアの通信速度や地域によるつながりやすさの違いがあるため、乗り換えたはよいものの、かえって不便になったりする場合があり、不満を持つユーザーも少なくないのが実情です。

こういった問題に対処するために、携帯電話・スマートフォンへのクーリングオフの導入が決定されたようです。
SoftBankが電波に満足できない場合の返金制度を導入していますが、今後は他のキャリアでもこういった動きが出てくる可能性があるようです。

よりユーザーが利用しやすい環境になるよう期待したいですね。

[⇒SankeiBiz][via:iPhone Mania]





posted by りんご電話 at 14:19 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。