2014年07月11日

iPhone 6の最終デザインはコレか!?リーク情報の様々な特徴をふまえた高精度のレタリング画像が公開!

今年の秋に発売が噂されているiPhone 6ですが、これまでにiPhone 6のデザインに関する様々な情報が伝えられてきました。iPhone 6はいったいどんな姿を見せてくれるのか非常に楽しみですね。
ディスプレイサイズが大きくなり、4.7インチと5.5インチの2モデルが用意され、薄く、丸みを帯びた滑らかなデザインになるという特徴がこれまでのリーク情報などで確認することができる大きなポイントです。

iPhone 6のものとされるモックアップなども多数公開されているので大まかなデザインは予想が付くようになりましたが、先日また新たにiPhone 6の最終デザインを予想した高画質なレタリング画像が公開されました。

iPhone 6の最終デザイン?






デザイナーのTomas Moyano氏により公開されたこのレタリング画像は、今までにリークされてきたiPhone 6のデザインに関する様々な情報をふまえ、iPhone 6の最終デザインとして最も可能性の高い作品となっています。

iPhone 6の最終デザイン?

iPhone 6の最終デザイン?

iPhone6の薄さは現行のiPhoneよりも6mm前後薄くなるとされています。
カラーバリエーションは3色展開でグレー、シルバー、ゴールドがラインナップされるのでしょうか。


iPhone 6の最終デザイン?


iPhone 6のフロントパネルにのガラスには非常に強固なサファイヤガラスが採用されるとされています。一見普通のガラスに見えますが、強度テストなどの映像を見ると尋常ではない強度を誇っています。
BrandNew iPhoneにてiPhone 6のものとされるフロントパネルの強度テストの動画がご覧いただけます。
【動画】iPhone 6のフロントパネルのガラスは人力では傷ひとつ付けられない!強度テスト映像!

フロントガラスのエッジ部分も丸く加工されており、前面と背面のどちらとも滑らかな触り心地になりそうですね。


iPhone 6の最終デザイン?

リアパネルの上下にはガラスがはめ込まれ、iPhone 5sと似たデザインとなっています。
電源ボタンやボリュームボタン、iSightカメラ、FaceTimeカメラなどの配置位置が変更され、ディスプレイが大型化されてもコンパクトにまとまっていますね。

Appleの正式発表があるまでは本物のiPhone 6がどのようなデザインになるかはわかりませんが、今回紹介したレタリング画像が現段階で最もiPhone 6の最終デザインと呼ぶにふさわしいものなのではないでしょうか。


最近の情報では、Appleが6800万台ものiPhone 6の発注を行い、大手サプライヤーは7月から製造を開始しているとも伝えられています。着々とお披露目の日が近づいていますね。
iPhone 6の発売日は9月19日という有力な情報がありますが、あと約2か月後に目にすることとなるiPhone 6の姿が待ち遠しいです。今後の情報にも注目です。

BrandNew iPhone9to5mac





posted by りんご電話 at 14:17 | Comment(0) | iPhone6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。