2014年02月10日

NTTの携帯・固定電話セット割が実現間近!総務省がもはやNTTの独占状態ではないと判断!!

近年NTTドコモのNMP転出超過が度々話題となりますが、そんな国内通信業大手“NTTグループ”に対し、携帯電話と自宅や会社で使う固定通信サービスのセット割引を解禁する方向で総務省が検討していることを日本経済新聞が報じています。

nttlogo20130625.jpg


総務省は、近年の国内通信市場の競争激化でNTTグループの携帯電話通信事業NTTドコモの国内シェアが4割まで低下していることから、もはや独占状態ではないと判断。
法改正や規制緩和を見直す必要があるとしたということです。

法改正が絡むため、すぐに提供開始といった状況は難しいようですが、今月中にも総務省・情報通信審議会に有識者検討会を設置し、他の通信事業者の意向も聞きつつ、2015年の通常国会に電気通信事業法の改正案を提出する見込みだそうです。

NTTの携帯電話・固定電話セット割引が解禁されれば、1985年の民営化以来、“NTT”を縛ってきた独占規制が初めて解かれ、フレッツ光とNTTドコモスマートフォンのセット割引によりユーザーの金銭的な負担軽減につながることが予想されます。

現在、セット割引は“KDDI”や“SoftBank”には認められ両社積極的にサービス提供していますが、これまで最大手企業のNTTには、市場の独占に繋がるとして法律で禁止されていました。

今回の総務省の方針を受け、“KDDI”や“SoftBank”は“NTT”へのセット割引の解禁に反対の意を見せており、セット割引を解禁する代わりに、“NTT”が整備した膨大な光ファイバー網を他社に開放するよう迫るだろうと同紙はみています。

日本経済新聞

注目記事
『iWatch』最新情報
『iPhone 6』最新情報
『iPhone 5s』最新情報
『iPhone 5s』最新の在庫・入荷状況
『iPhone5s』対応アクセサリー・ケース



posted by りんご電話 at 12:28 | Comment(0) | NTT Docomo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。