2013年07月02日

アップル『iWatch』商標を日本・メキシコで出願!!

2013年7月1日、米アップルが日本とメキシコでスマートウォッチ『iWatch』の商標を出願したと複数メディアが報じています。

iWatch-1


報道によると、今回の商標出願は2013年6月3日におこなわれ、商品区分は腕時計として出願されたとのことで、
モバイルデバイスに関するハードウェアとソフトウェアという2つのカテゴリーで出願されました。
特許の出願者は「Apple inc.」、出願者の所在地は「クパチーノ、カルフォルニア(アップル本社の所在地)」になっています。
特許庁は今後、出願について審査をおこなう予定です。

iwatch 商標登録を複数国で出願

iWatch』については、先月ロシア紙が、アップルがロシアで商標の出願をおこなったと報じて、全世界でiWatch商標の取得を目指している可能性があります。
商品区分は今回の報道の出願と類似しており、「コンピューターと周辺機器」「様々なタイプのジュエリー」の両方でおこなわれたとのこと。

今回の出願でもロシアでの出願でも奇妙なのは、アップルはこれまでは新商品の商標をダミー会社を通して提出していたので、アップルとして商標出願をおこなうのは過去の事例とは異なっています。
過去にもアップルは「iPad」の出願をダミー会社を通じておこなった例があります。
しかし、ティム・クック氏がアップルの新CEOに就任したのが2011年の8月なので、それ以来、アップルの秘密主義といった体制が変化している可能性もあります。

iWatch』については、1.5インチの有機ELディスプレイを搭載し、インテルも共同で開発をおこなっているとの情報もあります。
米グーグルが「Google Glass」でウェアラブルコンピューターの世界に踏み出したように、アップルも新たな市場に進出しようとしているのかもしれません。

先日ソニーは新型スマートウォッチ「SmartWatch 2」を発表しましたが、『iWatch』がリリースされれば同製品の強力な競合相手となりそうです。
今年後半から来年にかけては、米グーグルの「Google Glass」も含め、ウェアラブルデバイスにおける新しい時代が幕を開けそうです。

ブルームバーグ
9to5Mac

注目記事
『iWatch』最新情報
『iTV』最新情報
『iPhone6』最新情報
『iPhone5S』最新情報


posted by りんご電話 at 11:35 | Comment(0) | iWatch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。