2013年06月14日

「iOS 7」ではiTunesコードをカメラで認識し登録可能に!!

2013年6月13日、秋にリリースされる「iOS 7」の新機能として、購入したiTunesカードをApp Storeなどで登録する際に、カメラの画像認識機能を利用することによってコードを撮影するだけで登録することができるようになったと複数メディアが伝えています。

iOS 7 新機能 画像認識でコード読み取り.1


現在、カメラによるコードの登録機能は、「OS X Mountain Lion (v10.8.3 以降)」を搭載したMacのFaceTimeカメラでのみ利用可能でしたが、iOS端末でも対応することが明らかになりました。

iTunesカードのコード番号は、Xで始まる16桁のコード・アルファベット・数字の組み合わせで構成され、それを入力することで登録する仕組みになっていますが、これを入力するのは正直なところ少々面倒な作業でした。

アップルが開発者向けに公開している『iOS 7』のベータ版には、このコードを自動で入力する機能が搭載されているとのこと。
App Storeのアプリにある「コードを使う」のセクションに、カメラを使って読み取るオプションが追加され、コードをかざすだけで読み取ってくれるそうです。

iOS 7 新機能 画像認識でコード読み取り.2iOS 7 新機能 画像認識でコード読み取り.3

同様の機能は、Mac向けのiTunesにも搭載されており、私もiMac使いでよく使用する機能なんですが、非常に高速かつ高精度で読み取ってくれています。
カメラにiTunes Cardをかざすだけで簡単に入力することができるのは、ユーザーにとってこの上なく便利な機能と言えます。

iOS 7』はデザインの大胆な変更やコントロールセンターの追加などが特に目立っていますが、このようなさりげない改善にも注目してみてください。

9to5Mac
iDownloadBlog

注目記事
『iWatch』最新情報
『iTV』最新情報
『iPhone6』最新情報
『iPhone5S』最新情報


タグ:iOS 7
posted by りんご電話 at 18:14 | Comment(0) | ios | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。